バリ島ウブド2014年末のガルンガン

公開日: 

2014年2回目のガルンガンは12月17日で、私が働くお店は前日の16日と当日の17日、2日間のお休み。
その間に嫁さんとスペイン人の友達がオーナーのベジタリアンカフェ、warung sopaの店内塗装を監督する為に連日PC持ち込んでお店番。
お店はオープンで風通しが良い反面、壁の塗装などはすぐに傷みやすいのです。なので数年に1回のペースで塗装しなおす必要がある。
だけどなるべくそのためにお店を閉めたくないので、ガルンガンの休み時期に、バリヒンドゥー教では無く、ガルンガン休みと関係の無い職人さんにお願いするのです。

DSC06695

DSC06696

お店裏に暮らす大家さんがガルンガンの際には必ず作られる料理『ラワール』を沢山食べなさいよ!と頂く。ラワールを作るのは男の仕事で、野菜や香辛料、豚の脂身などを細かく刻んで混ぜたもの。4種類ありますね。
野菜メインのもの、豚肉の脂身や生血が入ったものなどなど。どれもご飯泥棒です。ただし食べ過ぎると必ず腹を下す私。

DSC06699

ゴロゴロと雷の音が聞こえてきたので外に出てみると今にも降り出しそうな薄墨色の空。その下にそびえ立つペーンジョールがとても鮮やかに浮き立っています。

DSC06705

DSC06707

こちらのお父さんはペンジョールを立てる為に穴を掘っている、、、と思いきや、穴を掘ったら水道パイプに穴を開けてしまい、修理している所でした。あーあー

DSC06710

お店道向かいのアグンさん宅では友達が集まってワイワイと楽しそうに作業中。

DSC06712

おい、ちゃんとハシゴ持っててくれよ~!

DSC06714

よいしょっと。

DSC06717

皆、下からあーしろこーしろと指示。

DSC06719

それを見物していたらすぐ近くで『あ~~~!!』と叫び声が。立てたペンジョールが倒れてしまい、皆でよいしょよいしょと立て直している所。それを皆でゲラゲラ笑いながら持ち運んでいる。当事者も近所の見物人も皆笑顔。

DSC06720

DSC06722

こちらは私が暮らす村の道に並ぶペンジョール。ガルンガンの時期はご覧の様な景色がバリ島各地で見ることが出来ますよ。

DSC06725

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします♪

ほぼ毎朝の風景をウブド近郊からお届けします

Twitterではよりリアルタイムなウブドの様子をご案内

この記事を気に入ってシェア頂けましたら嬉しいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 0 follow us in feedly

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Pin It
PAGE TOP ↑