バリ島内旅行、海も良いけど山もオススメ『Bedugul(ブドゥグル)』家族4人で泊まって遊んで1泊2日15,000円。

公開日:  最終更新日:2015/06/10

バリ島=ビーチリゾート、も良いけど山も良いんです

DSC04154

乾季らしいカラッとした天気が続く5月中旬、家族で1泊2日の小旅行へ行ってきました。
行き先は毎週日曜日の早朝、有機高原野菜を受け取りにひとりドライブを楽しんでいる『Bedugul(ブドゥグル)』。
ウブドから車で1時間半、日帰りでも十分な距離ですが、そこを敢えて『お泊まり』で行くのです。

宿泊場所は2014年7月に泊まって大好きになった『strawberry hill』。

その時の記事はこちら→Ubud(ウブド)からBedugul(ブドゥグル)へ1泊2日旅行に行って来ました

標高約1,200m。夜はだいぶと冷え込みます。暖炉が欲しいくらい。で、レストランに暖炉のあるこのホテルなのです。
ちなみに我が家からはブランケット持参で来ました。前回ホテルにお願いしたら先客に持って行かれて在庫が無かったので。

DSC04212

ウブドから車で1時間~1時間半。手前の豆腐専門レストランでランチがオススメ!

ウブド近郊の自宅を10時半に出発、お昼前にはブドゥグル手前の村、Baturiti(バトゥリティ)にある豆腐専門レストラン『Cafe Tahu』に到着。メニューにデン!と載るイカついご夫婦の写真もだいぶ見慣れて、実際にそのご主人の豪快なバイク趣味話が面白くて今ではメニュー写真を見ると何か懐かしい気分になる程の私。と話は逸れましたが我が家がブドゥグルに行く際は必ずここでランチ食べます。安くて美味い。子どが敷地内で思いっきり遊べる。車の出入りが楽。これって私には重要なポイント。それを全て満たしてくれるこのお店。
駐車場に小さなバイク(ホンダのゴリラ)を貸し出ししていたので、オーダーした食べ物が出るまで借りる事に。敷地内を走るので特に免許無くても大丈夫です。
『で、どっちの子が乗るの?』と駐車場&バイク貸し出し係のおじさん。我が家の子どもは8歳と6歳です。バリらしい会話です。『今日は私が』と。

DSC04099

駐車場の中をグルグル回っていたら『あっちも行ったら良いよ』と広い草の生えた敷地へ。
子どもを乗せて走ったり。

DSC04114

1人乗って走る後ろを夢中になって追いかける子ども達。沢山走って疲れて夜は早く寝るのだぞ~と呟くわたし。

DSC04119

レンタルの金額はこちら。私は15分3万ルピアコースを(約300円)。ご飯車で十分に楽しめました。子ども達も大喜びです。

DSC04145

こちらのお店、日本の卵豆腐みたいな食感の豆腐の上に、色んな具を載せたメニューが写真入りで沢山あります。私達が好きなのはツナとチーズが載ったものなど。ボリュームもあり、ご飯がすすみます。

DSC04127

DSC04128

こちらのオーナーはバイク好きで、趣味が高じて先のミニバイクレンタルなどもしている模様。ちなみにバイクは購入も出来ます。ホンダのゴリラとモンキーがありました。

食後のデザートに、いつも『豆腐花』を頼んでいるのですが残念ながらこの日は売り切れ。据え付けの冷蔵庫の中にあったこちらをめざとく見つける嫁さん。これは椰子の実の皮を向いて、中の実の外を残した状態にして、中に色んなものが入っているデザート。お味も美味しくて、あらたな発見あり!と夫婦で喜びました。

DSC04130

ホテルにチェックイン後、ブドゥグル観光へ

毎週日曜日の早朝5時頃にこのホテルの前を通っていますが、中に入るのは久しぶり。相変わらずこじんまりと落ち着いた雰囲気が好きです。

安い、とは嫁さんに聞いていたけど、幾らだったっけ、と確認したのがこちら。

DSC04417

これなら毎月来たい。と本気で思いました。で、朝夕の綺麗なアグン山を思う存分堪能したい

ホテルの場所はブドゥグルへ行く峠道の頂上付近なので、子どもが大好きなアスレチック、Bali Tree Topや、5万ルピア札の絵でも有名なブラタン湖へ10分で行ける便利さ。

今回はブラタン湖を越えて、再度峠道を上りきったところの3差路を左折、真っすぐ進むと左側に湖を見下ろしながらご飯食べたりお茶を飲める店が何軒かあり、2つの湖を見渡せる店で一休み。
道路から見て左側がブヤン湖。

DSC04154

右側に見えるのがタンブリンガン湖。

DSC04150

ここ、景色とても良くて、かつのんびり出来るので本当にオススメです。写真撮り忘れましたが、子どもの頃、友達の家に行ったらそこのおばちゃんが『あら~今何も食べさせて上げられる物ないから、とりあえずこれ作ったから食べなさい』と小麦粉練ってちゃちゃっと作ったバナナパンケーキ、の様なバナナパンケーキ(わかりずらい説明ですいません)が出てきて、そのモチモチとした食感とバナナの甘酸っぱい食感とバニラアイスの口溶け感が何とも美味しくて、親子四人でバクバクと食べてしまいました。次回はちゃんと写真撮らないと。

オーダーする時にこれを叩いて下さい、って。道路挟んで奥に見えるのがお店。

DSC04168

車の出入りを誘導してくれるお父さん。なかなか良い仕事っぷりでした。

DSC04169

ホテルに戻ってゆっくりと

ホテルに戻ったのは夕方4時半頃。日が陰ると一気に冷え込んでくるので、先に温かいお風呂に入って身体を温めます。バリ島だからといって甘くみてはいけません。標高1,200mを実感します。

風呂上がり、外に出ると西日に映えるアグン山が!!急いで良く見える場所に行ったものの、西日は山を照らし終わってしまった。うーん残念!!

DSC04198

DSC04200

DSC04208

これが個人的には一番の楽しみでした

翌朝5時45分に目覚ましをセットして、家族を残して車で5分の撮影スポットへ。目的は峠から見えるアグン山です。

DSC04214

まだまだバリ島内で行った事の無い場所は普通に観光でこられる方よりも少ないと自負している私ですが、ブドゥグルはそんな数少ない『行った事のある場所』でダントツ1位の好きな場所。

これからもどこかへ行きたい、となったら真っ先に思いつくのはこのブドゥグルであり続けることでしょう。今のところ。

今回の1泊2日旅行の経費

ホテル代:約9,000円(晩、朝食含む)
食事代(豆腐レストラン、峠の茶屋で食べたパンケーキ等)約4,000円
Bali Tree Top(アスレチック、子ども2人)約2,000円

総合計:15,000円

ちなみに我が家は大人が私達夫婦、子どもは8歳と6歳です。ウブドから往復のガソリン代は2,000円も掛かってないと思います。

バリ島に長期滞在、または短期でもいつもと違う場所に行って、ゆっくりと過ごしたい、という方には本当にオススメしたいです。

次回はいつ行こうかな~♪

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします♪

ほぼ毎朝の風景をウブド近郊からお届けします

Twitterではよりリアルタイムなウブドの様子をご案内

この記事を気に入ってシェア頂けましたら嬉しいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 0 follow us in feedly

Comment

  1. 宮寺甲次(ツインズ笹井の床屋) より:

    お久しぶりです。元気ですか
    床屋のツインズです(^ω^)
    お客さんに古谷くんがバリに移住したことを聞いて
    検索してこちらにたどり着きました
    8月にバリに行ってみようと思ってます
    ジンバランに行く予定です
    会えたらいいですね(*´∀`*)

    今お店を少しだけバリ風にしていますよ
    癒されます

    • satoru より:

      宮寺さん大変ご無沙汰しています!僕は元気にバリで暮らしています。
      6月22日(月)から7月中旬まで日本へ一時帰国します。
      初めの1週間は実家の狭山に一人で行きますので、またあらためて連絡させて下さい。

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Pin It
PAGE TOP ↑