【水田に映り込むアグン山、朝陽の動画付き】バリ島ウブド近郊2016年8月20日(土)朝の風景

公開日: 

久しぶりにお気に入りの場所へ

DSC08971

午前6時、ベランダに出ると久しぶりにクッキリとアグン山が見えて日の出方面は少しだけ雲が出ていた。

DSC08981

細マッチョおじいさん、まだ暗い内から田植えを始めていた。画像は撮影出来る程明るくなってから。

DSC08987

午前6時25分、雲が朱色に染まり始めて、日の出が拝めそうな気配、土曜日で子ども達の学校も無いので時間はある。三脚抱えて家を飛び出し、急いで椰子並木の向こう側へ。

DSC08991

目的地は画像中央の椰子並木。なんとかギリギリ間に合いそう。細心の注意を払いつつ、細い畦道を裸足で進む。

DSC09003

何とか間に合った!しかも目の前の田んぼは代掻きが終わったばかりで水面に朝陽が綺麗に映り込む。何てラッキーなタイミングだろう。

DSC09012

来た道を振り返ると、立待月が西の空に沈んでいく所だった。

DSC09030

朝陽に照らされる椰子の木と、深い水色に変わりゆく空。全てが新鮮、爽やか、輝いている。

DSC09020

細かい雲が朝陽に掛かり、その度に雲が輝いて空には金色の光線が伸びる。

DSC09038

遠くまで田植えが終わったばかりの、新緑の稲がキラキラと輝いていた。

DSC09046

太陽が昇るにつれて白く霞んでいくアグン山。

DSC09050

次にいつまたこの様な景色に出会えるか分からないので、撮影しつつ、しっかりと目に焼き付ける。

DSC09052

太陽の位置が低いので影も長い。真ん中が私、両サイドは椰子の木。

DSC09066

すぐそばでお父さんが田植えをされていた。挨拶をして撮影させてもらう。お父さんの左側に苗床が見える。

DSC09070

その田んぼのすぐ隣では耕耘機のエンジンをかけて作業を始めるところ。

DSC09078

1回で4列の苗を植えていく。太陽は昇ってもまだまだ涼しく感じる8月の朝。

DSC09110

小さな水路が物心ついた頃から大好き。整備された後は一際美しい。

ここまで来たのはニュピ以来。裸足で畦道を歩いているだけでワクワクしてくる。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします♪

ほぼ毎朝の風景をウブド近郊からお届けします

Twitterではよりリアルタイムなウブドの様子をご案内

この記事を気に入ってシェア頂けましたら嬉しいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 0 follow us in feedly

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Pin It
PAGE TOP ↑