【オレンジの日の出動画あり】バリ島ウブド近郊2016年8月27日(土)朝の風景

公開日: 

今週は息子を連れて大好きな場所へ行って来た

DSC09521

午前6時、雲の無い空は久しぶり。昨夜子ども達に『明日晴れたら田んぼに行って撮影する』と言ったら息子が『行きたい!』と言うので試しにまだ寝ているところに『お父さん行くぞ』と声をかけてみたら眠そうな顔しながらもしっかりと起きてついてきた。

畦道で滑って転けるかな?まあそれも良い経験だな。と思っていたが、早歩きする私の後をしっかりと付いてきて。ぬかるんだ箇所も器用にバランス取って歩いていた。

DSC09523

我が家のベランダから見える椰子並木を越えた所で日が昇ってきた。目的地は画像中央に見える椰子並木。

DSC09525

目的地まで間に合わず、幅30センチほどの畦道より日の出の撮影。ちょうど椰子の木々が無い場所からで、こんなに綺麗な形で朝陽を見たのは本当に久しぶりだ。何て素晴らしいタイミングなんだろうか。

DSC09527

やっと目的地に到着。田植えが終わったばかりの水田に朝陽が映り込み、アグン山も朱色に染まっている。

DSC09537

椰子並木の切れ間から昇る朝陽。田植え直後の水田に光が伸びる。

DSC09544

お父さんが持っている物は、ポリタンクの下部分を残して切ったもの。ここに苗床から取った苗の塊を入れて、水田の足元に置きながら田植えをする。手で押すとスーッと水面を滑るので田植え作業がはかどるのだ。

DSC09553

植えられたばかりの苗。これからどんどん元気に伸びていく。

DSC09555

この等間隔にスッと伸びる椰子の木が好き。

DSC09557

撮影した画像をチェックする息子。

DSC09559

代掻きが終わったばかりの鏡の様な水田。

DSC09565

ここはまだ畦の幅が広いが、狭いところは幅が20センチも無い。

DSC09567

カバーが掛けられた苗床。暫くすると、とても鮮やかな緑の苗が伸びてくる。

DSC09577

草が短く刈られ、薄く水が張られている。足を入れると刈られた草がタワシの様に泥だらけの足首を綺麗にしてくれた。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします♪

ほぼ毎朝の風景をウブド近郊からお届けします

Twitterではよりリアルタイムなウブドの様子をご案内

この記事を気に入ってシェア頂けましたら嬉しいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 0 follow us in feedly

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Pin It
PAGE TOP ↑