【朝陽とアグン山の動画付き】バリ島ウブド近郊2016年9月3日(土)朝の風景

公開日: 

アグン山と朝陽が良く見える場所へ

畦道の草刈りが済んで、とても歩きやすい。大量の蟻は相変わらずだけれども。

DSC00031

午前6時。東の空は雲が無く、オレンジ色の朝焼けとアグン山、遠くにロンボク島のリンジャニ山(多分)がクッキリ見えている。

DSC00035

土曜日は子どもの学校が休みなので、時間を気にせず、風景や裸足の足裏に草や土の感触を楽しみながらお気に入りの場所へ。ちょうど日の出直前でアグン山が朱色に染まり始めた。

DSC00055

すぐに日が昇り始めたので、日の出が綺麗に見えるポイントへ早足で移動。

DSC00061

今朝はオレンジの綺麗な日の出を拝めた。

DSC00065

日の出直後はまだアグン山も朱色にみえる。

DSC00067

ほんの1分もすると太陽はオレンジから金色に輝きを増して、アグン山も白く霞んでいく。

DSC00085

肌寒い朝の空気がどんどん暖められていく。

DSC00087

椰子並木が水田に写り込む様がいつまでも見ていて飽きない。

DSC00108

DSC00122

代掻きをするお父さん。日の出前に畦道に入る許可を得ていたので、有難うございましたとお礼を伝えると『朝陽が綺麗だね』と話しかけて下さったので、しばしお話をする。

この土地はおじいさんの代からで、元々はプリアタンの王族が持っていた。苗や肥料の費用は半分が政府から援助金が出ている。県知事が視察に来る予定で、ウブドのあるギャニャール県で一番広い田園地帯であるこの地を、観光資源として有効活用出来ないかという話がある事などなど。

日本に田んぼはあるの?と聞かれたので、こんな棚田がありますよ、と言ったらへぇ~!と嬉しそうな顔をしていらした。確かどこかに棚田の写真集があったから、今度機会があったら見せたいな。

DSC00126

帰り道、椰子の木に登り、葉や実を落としているご夫婦に遭遇。奥さんが下から大声で指示を出し、ご主人は無言でひたすら実や葉を落とす。
椰子の実は3個ほどの塊をロープで括って下ろしていた。

DSC00130

朝の爽やかな空の元、田植えをする。

DSC00132

午前10時過ぎ、太陽は高く昇り細身の年配女性がゆっくり丁寧に田植えをしている。

DSC00136

DSC00140

DSC00142

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします♪

ほぼ毎朝の風景をウブド近郊からお届けします

Twitterではよりリアルタイムなウブドの様子をご案内

この記事を気に入ってシェア頂けましたら嬉しいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 0 follow us in feedly

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Pin It
PAGE TOP ↑