src="//aml.valuecommerce.com/vcdal.js" async>

バリ島ウブド近郊の自宅2階ベランダから見える朝の風景を中心に、日々思うことをつれづれと。

HAPPY UBUD DAYS

バリでの暮らし

ウブドから車で30分のビーチリゾート、『Komune Resort』に行って来ました。

更新日:

ウブドから車で30分、Keramas(クラマス)ビーチにある

『Komune Resort and Beach Club Keramas Beach Bali』へ家族で行って来ました。

DSC01523

■地図はこちらです↓

ポイントは『ウブドから車で30分で行ける距離にあるビーチリゾート』

バリ島自体が『ビーチリゾート』と呼ばれていますが、私が暮らすウブドは『山間部』という表現がふさわしい、海から遠い場所にありますので海、しかも目の前が砂浜で、プールやレストランがあって、となるとスミニャックエリア(ウブドから車で1時間、道路が混雑すればもっと)、またはサヌールエリア(ウブドから車で30分~40分、道路が混雑すればもっと)へ行かねばならなかったので、クラマスという、ほぼ渋滞する事なく行く事が出来る場所にこんな場所が!という思いがウブド在住の私にはある訳です。

ちなみに我が家はウブドの外れなので、ウブド中心地よりもクラマスに近く、
車で20分程度で到着しました(ほぼ田舎道をのんびりと走行)。

以前は小さな砂利道の路地だったのが、車がすれ違えるほどの幅、そしてアスファルトになり、komune入り口のゲートを入るとそこは別世界。

駐車場に車を止めて、ビーチへ続く通路を進みます。

DSC01556

DSC01527

途中、マッサージの建物が。joglo(ジョグロ)という、
お隣ジャワ島の伝統的な建物です。

『komune joglo massage』って書いてありますね。

DSC01526

DSC01528

DSC01530

DSC01531

DSC01532

さらに歩いて行くと、黒砂のビーチ、楕円形のレストランが見えてきました。

DSC01552

DSC01548

DSC01549

ビーチが目の前のプール、そして周囲に設置された広々としたマットとパラソルのセット。

私達が到着した頃は多くの欧米人達が思い思いに寛いでいましたが、雨が降り始めたので一斉にレストランへ移動していました。

我が家の子ども達はそんな悪天候の中『泳ぐ!』と言って入ったものの、5歳の息子は5分程度で『寒い~!』とギブアップ。

そら8月の乾季真っ盛り、しかも半袖では肌寒い程の風がビュービュー吹いているんですもの。

7歳の娘は頑張って遊んでいましたが、風邪をひかれたら困るので呼びに行くと、寒さで足がつった~!とひとり大騒ぎしておりました。

こちらのプール、レストランで飲食すると、無料で利用出来ます。

タオルも準備されていますが、有料(Rp 50,000+Tax/枚)です。

ちょうどお昼時になったのでナシゴレンやハンバーガー、フィッシュ&チップスをオーダー。

DSC01537

DSC01534

DSC01533

家族4人で食べて飲んで、合計約4,500円ほど(その内税金が700円ほど)。

プールの並びに、木造の建物があったのでそちらに行ってみると、広々とした空間が。

ビリヤード台もありましたよ。

DSC01540

DSC01541

DSC01542

風も無く穏やかな天気なら、こちらのイスに座って海やサーファーを眺めるのも良さそうです。

DSC01546

DSC01547

風が強いとこんな感じです。

DSC01544

野球場にある様な大きなライトが設置されていて、夜もサーフィンが出来る様ですよ。

DSC01551

DSC01539

次回はもっと晴れた日に来ようね、と子ども達に約束して来た道を戻ります。

こちらはフロントの建物です。

DSC01558

DSC01560

DSC01562

DSC01563

DSC01564

DSC01565

DSC01561

DSC01568

宿泊施設も外からチラッと見学。

どのお部屋にもサーフボードを立てかけられるスタンドが置いてありました。

DSC01566

DSC01567

銀行(CIMB)のATMも。

DSC01569

まだまだ拡張中

 隣の敷地には現在と同じ位の敷地を造成中で、こちらもホテルになるのだそう。

今までウブドから海へ、となると一番近くてもサヌールで、行き慣れれば何てことないのですがkomuneのあるクラマスは本当に大通りを走るのはほんのちょっとで、あとは小さな田舎道をのんびりと通って行ける場所なので、車を運転する身としてはとっても『お気楽』なんですね。

食事をすると出費がかさむな、という方は飲み物と何か1品で、という過ごし方も可能ですね。

-バリでの暮らし,
-, , , ,

Copyright© HAPPY UBUD DAYS , 2018 All Rights Reserved.