src="//aml.valuecommerce.com/vcdal.js" async>

バリ島ウブド近郊の自宅2階ベランダから見える朝の風景を中心に、日々思うことをつれづれと。

HAPPY UBUD DAYS

バリでの暮らし

バリの庭や建築の備考録

更新日:

今後バリ島の自宅や庭を改装、もしくは新たなプロジェクトで建物を作る際の参考に、ブドゥグルのホテル『strawberry hill』に行った際に沢山写真を撮って来ました。

日本や海外に暮らす方で、家や庭作りに関わる人達に、少しでも役に立てたら嬉しいです。

バリ島で家を建てる事に関してはこの5年間で自宅を含めて5回ほど経験、日本と違って契約通りにはまずいかない、建たない、終わらない、という諸問題をいかにクリアして良いものを作るか、というゴールに向かう方法はかなり確立されたので、最近は家にまつわるトラブル等の相談を受けることも少なく無く、1度これらの話をまとめて日本帰国時にシェアしようかと考えています。

■strawberry hillへ行った時の記事はこちら

Ubud(ウブド)からBedugul(ブドゥグル)へ1泊2日旅行に行って来ました

バリ島内旅行、海も良いけど山もオススメ『Bedugul(ブドゥグル)』家族4人で泊まって遊んで1泊2日15,000円。

バリ島はもとより、インドネシアの観光名所として知られるブドゥグル・ブラタン湖の手前5分ほどの場所にある峠道の傾斜に建つホテル、アリの巣の様に細かく通路が各部屋へ続いて、通路の材料は雨が降っても滑らない天然素材。南国らしい草花が植えられて、見ていて飽きません。

我が家、そしてお店の庭、植木を見ていて毎日の管理(水やり、伸びた枝葉の整枝、枯れ葉の掃除などなど)の大変さを目にしているので、こちらのホテルの草木花が毎日どれだけの手間をかけているのかが本当に良く分かり、庭仕事の方に色々とお話をする事が出来ました。

DSC04335

DSC04338

DSC04339

DSC04340

DSC04341

DSC04342

DSC04343

DSC04344

DSC04345

DSC04347

DSC04353

DSC04355

DSC04356

DSC04357

DSC04358

DSC04359

DSC04361

DSC04362

DSC04364

DSC04365

DSC04366

DSC04367

標高1,200mの高地なので、すぐ近くの山に雲が湧いたり笠雲が見えたり。水と空気がとても綺麗な土地で、将来はこのホテルみたいに暖炉のある小さな家を建てたいね、と夫婦で話しています。

DSC04369

ホテル敷地内にある木製のゴミ箱ケース。ここにもチラリとバリ建築の味わいが。

DSC04373

私達が宿泊した部屋の入り口。

DSC04377

バリの木製扉は彫刻が沢山彫られていれば、とても贅沢に見えるので、リッチな家ほど彫り物が沢山あるのですが、私はあまり好きでは無く、むしろこの扉くらいの彫り物がシンプルで好きです。

DSC04378

DSC04379

DSC04380

DSC04381

DSC04382

DSC04383

DSC04384

DSC04387

DSC04388

DSC04389

DSC04391

DSC04392

DSC04394

DSC04395

DSC04399

DSC04400

DSC04401

DSC04402

DSC04403

DSC04404

DSC04405

DSC04406

DSC04407

DSC04408

DSC04409

DSC04410

DSC04411

DSC04412

DSC04415

DSC04416

-バリでの暮らし
-, , ,

Copyright© HAPPY UBUD DAYS , 2018 All Rights Reserved.