バリ島ウブド近郊の自宅2階ベランダから見える朝の風景を中心に、日々思うことをつれづれと。

HAPPY UBUD DAYS

バリでの暮らし

海外(バリ島)で携帯電話(スマートフォン ASUS Zenfone5)を購入する

投稿日:2014年11月8日 更新日:

ASUS製のスマートフォン『Zenfone5』をバリ島ウブドのスマートフォン専門店で購入しました。

DSC05009

価格と種類

本体価格 Rp:2,399,000

専用カバー Rp:149,000

総合計 Rp:2,548,000

現在(2014年11月7日)のレートで計算すると、本体価格が約22,900円、カバーが約1,500円。合計で約24,400円。

私が購入したZenfone5は画面が5インチ。その他に4インチの『Zenfone4』、6インチの『Zenfone6』がありました。

価格はZenfone4がRp:1,200,000、Zenfone6がRp:3,500,000でした。

日本でも販売開始!

ちょうど日本でもAmazonで販売開始になった様です。日本国内販売事情をチェックしたらタイミングよく!

ただし私が購入したタイプよりも新しいモデルの様です。

こんな方におすすめです

※すでに日本でSIMフリーのスマートフォンをお持ちの方は特に必要無いと思いますが。

・バリに頻繁にいらっしゃる方で、現地のSIMカード使ってスマートフォンを使いたい

・バリ島在住でそろそろスマートフォンに変えようかな、と思われている方。

私の場合、今まで使っていたNOKIA製携帯電話の調子が悪くなり、たまたまZenfone4をお持ちの方にその使い心地を試させてもらい、これはコストパフォーマンス高し!と思い購入に至りました。

本当は4を購入予定だったのですが、5しか現物が無く、4はいつになったら入荷するのか怪しかったのと、すでに購入する気満々だったので5に変更しました。

結果的に5にして正解でした。

標準で『日本語対応』しています

今までのアンドロイド携帯は、日本語入力が出来る様にする為に、日本語化アプリのダウンロードなどが必須でしたが、Zenfoneは日本語入力が標準対応しているので、初めて電源入れた後、設定画面で言語を変更するだけで、簡単に日本語化出来るのです。これは本当に便利です。

普段はSMSを頻繁に利用するので、設定→言語と入力→ASUS Keyboardにて英語(米国),日本語,インドネシア語の3カ国語を選択すると、より入力がスムーズに出来ます。

使い心地

今まで使っていた携帯はブラックベリータイプのガラケー。smsのテキストを打つのが両手でサクサクできるのが気に入っていましたが、日本語なし、ネットなしだったので、常にiPhone4と共に持ち歩いていました。ただしwifi環境が無ければiPhone4でネット接続が出来ず、出先では必ずwifi環境のある場所へ行かなければいけませんでした。

私が利用しているSIMキャリアは『XL』。Rp:50,000/月でネット接続無制限のサービスがありますので、早速登録(SMSで簡単に登録できます)。試しにwifi切って接続してみましたが、少し遅い程度でメールチェック等は全く問題ありませんでした。これで出先のどこからでもネット環境が揃った!!

仕事上、毎日お昼にExcelのcsvデータをweb上のシステムに登録するので、それもスマートフォン上で出来るかと試しましたが、これはwebシステム上に問題があり、登録出来ませんでした。

ただ、iPhoneなら完全に文字化けしていたcsvデータの内容が、開く際にエンコード選択が出来るので、しっかりと文字化けする事なくデータ閲覧が!

初めてのAndroid携帯ですが文字入力にも全くストレス無く(逆にアルファベット上に数字が並んでいるのでiPhoneよりパスワードなど入力しやすい)、GoogleプレイからiPhoneで使っていたアプリをダウンロード。

実は昨年秋に国内メーカーで1万円台で販売開始したAndroid携帯を衝動買いした事があり、その動作レスポンスの遅さにわずか1ヶ月で手放した苦い経験があり、今回もどうかな、と思ったけど、このレベルなら全く問題ありません。

逆にだいぶ動作が重くなったiPhone4に比べれば格段に動きが速いです。これで一気にAndroid携帯への偏見が消えました。

DSC05021

iPhone4とのサイズ比較。5インチの画面はとても見やすいですよ。

DSC05011

本体裏側

DSC05017

本体側面。結構な薄さ

DSC04997

カバーを取り付けたところ

DSC05001

カバーを閉じたところ。丸い窓が開いて、そこから時刻、SMSやメールの履歴が確認できます

DSC05007

カバーを付けた状態の裏面

DSC05013

DSC05015

カバー無しで本体を片手で持っているところ。片手で文字入力となるとフリック入力が必須です。

DSC05019

カバー付で片手で持っているところ

DSC05005

DSC05003

本体裏側のカバーは真ん中で折り目がついているので、この様にスタンドの様に使う事も出来ます。ただカバーが劣化してきたら難しそうですね。

まとめ

購入2日目なので、まだまだ使い心地は書き切れませんが、今のところiPhoneと比べて全く、いやそれ以上に使い心地の良さを味わっています。

元々iPhone6を購入予定だったので、費用も半分以下で済みました。耐久年数はどれくらいかまだ分かりませんが。

ひとつ気になる事は、『バッテリーの減りが早い』事。

朝、100%に充電したものが、夜にはゼロになります。今のところ毎日色々とアプリをダウンロードしたりしているので、もしかしたらもう少し長持ちするのかもしれませんが。

すでに在住者の方から同じ機種を購入予定で使い方を教えて欲しいとおっしゃって頂いたので、こちらのブログにもその方法を色々とアップしていこうかと思っています。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
satoru

satoru

インドネシア・バリ島・ウブド近郊で海外起業した妻と出会い結婚。娘・息子・犬・猫と毎日ワイワイ言いながら暮らしています。 趣味は毎朝自宅2階のベランダから拝むアグン山、朝陽など風景の写真・ドローン撮影。

-バリでの暮らし
-, , , , ,

Copyright© HAPPY UBUD DAYS , 2018 All Rights Reserved.