バリ島ウブド近郊の自宅2階ベランダから見える朝の風景を中心に、日々思うことをつれづれと。

HAPPY UBUD DAYS

バリでの暮らし

【バリ島暮らしの知恵!?】水のディスペンサー修理に挑戦

投稿日:

久しぶりに自宅や仕事場のお店以外でPC持ち込んで作業をしたくなり、嫁さんとスペイン人コンビ『JJ』の3人で運営するベジタリアンカフェの『warung sopa(ワルン・ソパ)』へ行って来ました。

子ども達を学校に送り、その足でお店へ。到着したのは8時半過ぎ頃。すでに2組ほどお客様がいらっしゃいました。

スタッフのイブ(お母さん)達は忙しそうにおかずを作り続けていますが、いつも目に入る『水のディスペンサー』、水タンクが付いていません。

■水のディスペンサーとはこれです。(水野ディスペンサー、って名前ありそう)

86_dispenser

この画像の上に付いているのが水が入っているタンク。バリでは『ガロン』と呼ばれています。

ガロンの交換時は力が必要なので、その場に居合わせると必ず代わりに交換する様にしています。

が、『ディスペンサーが水漏れするから使えない』と。

そっかー、じゃ新しいの買おうか、、、とはならず、修理出来るなら直そうと思いまして、近所の建築資材屋さんへ。

因みにバリではどの村でもこの手のお店ってのは結構ありまして、ちょっと釘が、とかネジが、という時に重宝するのです。

水漏れしているのは、お湯が出るレバー部分で、形は少し違っても水漏れが止まればOK

で、売ってました、もの凄い埃にまみれた状態で。1万ルピア也(約100円)。

DSC01642

右が水漏れしているオリジナル、左が購入後、水洗いして綺麗にした交換品。

まずはディスペンサーの背面に付いているネジを外します。

DSC01640

DSC01641

ネジを外すと、中はこんなんでした。

DSC01644

パイプを外し、ボルトを外すとカンタンにレバーは取り外せました。

新しいレバーを取り付け、パイプをしっかりとはめこんで、ガロンを試しに設置してみます。

写真ありませんが(撮影出来なかった)、交換ホヤホヤ、新品のレバーからボッタボタと水漏れするじゃーありませんか。これじゃ交換する前と変わらないぞ!

ってな訳で、こりゃーお店に戻って他のレバーと交換しても、結果は同じっぽいな、と判断して修理を断念、新品を買うことに決定しました。

いや~朝から良い経験出来ました~、、じゃなくってPC持って仕事しに来たんだよなオレは!

しかしながら何故か私が持ってきたノートPCはwifiに繋がらず(iPhoneはサクサク繋がる)、結局大した作業出来ずにお昼に。。。大した作業はディスペンサーの修理という笑うに笑えない穏やかな陽気のお昼時ですよ、ええ。

イライラする気持ちを抑えて豆乳プリンを頂きます。旨い。

DSC01647

バリで物が壊れたら

 直せそうなら直してみる。ダメならすぐに諦める。何とかしようとして、お店に修理出して、長いこと待たされて、結果『直りませんでした』というパターンが割と多い様に思います。

また、直ったのも束の間、すぐにまた壊れる、というパターンも。

こちらでは物が壊れたら、『だましだまし直しながら使う』という使い方が主流なのかな、と色んな物が壊れ、修理して、結局ダメで新品を購入、という経験を沢山してきた私は思います。

壊れたから新品を買おう、という経済的に恵まれた環境にある方はまだ多くなく、皆さん物が壊れたらまずは『直してみる』事を試みます。それでもダメならお店なり修理出来る人に頼むのですが、これがまたそのお店・人によって直り方が全然違うんです。技術の差、ってのがこんなに違うのか、と感心する事が多いですね。

なのでバリで暮らしていて、『これが壊れたらこの人、あれが壊れたらこの人』という『腕の良い信頼出来る人』をどれだけ多く知っているか、がポイントかな、と思う今日この頃です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
satoru

satoru

インドネシア・バリ島・ウブド近郊で海外起業した妻と出会い結婚。娘・息子・犬・猫と毎日ワイワイ言いながら暮らしています。 趣味は毎朝自宅2階のベランダから拝むアグン山、朝陽など風景の写真・ドローン撮影。

-バリでの暮らし
-, , ,

Copyright© HAPPY UBUD DAYS , 2018 All Rights Reserved.