日本出張

奈良を楽しむ

投稿日:

日本出張のメインテーマ、奈良での販売会を終えて、1人打ち上げに押熊のスーパー銭湯(このネーミング、日本らしいよなぁ)『ゆららの湯』へ。奈良に帰る度に必ず来ては疲れを癒やす場所。
夕方のならやま大通りは、雲1つ無い天気で、生駒山に沈んだ夕陽がとても綺麗だった。日本でも感動的な景色なんて、ちょっと街を外れればいくらでも見られるな、としみじみ思う。帰国する度に色々と『しみじみ思う=気付く』事が多くて、今までは何とも思っていなかった日常の些細な事柄がとても新鮮に思えたりするのは歳取った証拠なのかな。ともあれどちらかといえばお得な性格だと思う。

Jpeg

http://www.yuraranoyu.jp/oshikuma.html

露天風呂やサウナも良いけど、『炭酸泉』ってのが一番のお気に入り。その名の通り、炭酸が湯の成分に含まれていて、疲労回復に効果があるらしい。体中に細かい気泡が付いてくる。
販売会が3時で終わり、早めに撤収終える事が出来たので、まだまだお客さんもまばら。ゆっくり入る事が出来た。あ~この湯上がりのぽーっとした浮遊感がたまらないなー!

Jpeg

お風呂の後はならやま大通り→国道24号を経由して大宮通りの『ステーキのどん』へ。こちらも帰国時には外せないご飯処のひとつ。ガッツリと贅沢にテンダーロインステーキを頂く。以前はソースを和風・洋風から選ぶ仕組みで、両方欲しいなぁと常々思っていたのが、最近は初めから両方出すように変更したらしい。素晴らしい~!!

Jpeg

今回の日本出張、殆ど自炊はせずに外食ばかり。色んな方からお誘い頂いたり、自分が行きたい店があったりで、自宅は寝るだけの場所となっていたなー。こちらは数少ない晩酌の1枚。エビスも美味しいけど、キリンのクラシックラガーが今は一番美味しく感じる。バリではあまりビール飲まなくなったけど、日本だとやはり1杯目はビール飲みたいな。

Jpeg

高畑にあるカフェ『南果』。オーナー兼シェフのOさんが作るケーキが一番好きなんだな、と今回あらためて確信した。この『無花果のロールケーキ』は次回いつ食べる事が出来るのだろうか。本当に美味しかった。いちじくまで到達する前、スポンジ食べただけで『うめぇ~!』と唸っていたら横からOさんが『なんや、まだいちじくまで食べてないんか』と苦笑されてしまった。

Jpeg

静かで家具や本など、佇まいがとにかく落ち着いて好きな場所。10周年おめでとう~!

Jpeg

ふわっとしっとりのスポンジと美味しい生クリーム&いちじくのハーモニーがーー。バリに戻る直前に行ったけど、もう無花果のロールケーキは無かった。

Jpeg

ある日の『大仏殿』交差点。正面は東大寺南大門。左折すると奈良国立博物館。毎日バスで沢山の観光客を見ながら近鉄奈良駅まで通った。ちょうど博物館で『正倉院展』が始まったばかりで、いつも以上に奈良は観光客が多かった。

Jpeg

嫁さんの実家へ車を返しに行く時、あまりにもコスモスが綺麗だったので立ち寄った『般若寺』『コスモス寺』とも呼ばれるくらい沢山咲いていた。

Jpeg

奈良にいる時はしょっちゅう通っていたけど、中に入るのは初めて。

Jpeg

Jpeg

ほうほう

Jpeg

この出っ張り。もちろん人目もはばからずお腹やら腰をぐりぐり当てる。そのお陰なのか今日も元気です。

Jpeg

かっこいい。

Jpeg

ローソクメーカーが、顧客のお寺さんに提供したのだろうか。飲料メーカーが飲食店の看板を出すように。

Jpeg

Jpeg

Jpeg

敷地内で一番グッと来た建物。もうぼろっぼろで、トタンの屋根で覆われている。

Jpeg

帰り道、飛火野がとても気持ちよさそうだったので、立ち寄る。丘の上にポツンと佇む1本の木がちょうど綺麗に紅葉していた。

Jpeg

その他にも紅葉の木々に夕陽が当たってとても美しいひととき。

Jpeg

Jpeg

Jpeg

Jpeg

ウェディング写真の撮影をしていた。カメラマンもカップルも大変そうだったなぁ~。お幸せに!!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
satoru

satoru

インドネシア・バリ島・ウブド近郊で海外起業した妻と出会い結婚。娘・息子・犬・猫と毎日ワイワイ言いながら暮らしています。 趣味は毎朝自宅2階のベランダから拝むアグン山、朝陽など風景の写真・ドローン撮影。

-日本出張
-, , , , , ,

Copyright© HAPPY UBUD DAYS , 2018 All Rights Reserved.