バリ島ウブド近郊の自宅2階ベランダから見える朝の風景を中心に、日々思うことをつれづれと。

HAPPY UBUD DAYS

バリでの暮らし

バリ島ウブドから車で30分、【ギャニャールのナイトマーケット】

投稿日:

ウブドに来て何か美味しいものありますか?と聞かれて答える『アヤム・タリワン(地鶏の炭火焼』。ウブドから車で30分かかるけど、その帰りに是非立ち寄って頂きたいのが『ナイトマーケット』です。

ウブドは『ギャニャール県』に属していて、このナイトマーケット会場は県の中心部にあります。近所には警察などお役所から軍、そしてバスターミナルなど、交通の要所でもあります。

ウブドから車で30分、アヤムタリワンを食べた後にオススメ

毎日開催、ローカルの方々が集まる夜の市【Pasar Sengor】

家族連れや友達、またはカップルなど、沢山のローカルの方々で賑わい、何だか日本の夏の縁日を思い出します

DSC01825

DSC01824

DSC01831

通路の両サイドにビッシリと並ぶ屋台。入り口近くには飲食の屋台が、奥に行くと甘いものや雑貨、一番奥は洋服やサンダルなどの屋台が。

DSC01845

DSC01844

DSC01837

DSC01835

DSC01834

子どもはおもちゃ、金魚屋台に『釘付け』状態です。もう瞳孔開きっぱなしです。違う世界に行ってます。帰ってこぉ~~い!

DSC01829

DSC01846

こちらは『リモコン専門』屋さん。使えるかどうかは家に帰ってからのお楽しみですよ、ワクワクしますね、ドキドキしますね♪ 使えなかったらどうしよう!

DSC01828

途中の空き地では『ミニ遊園地』の様な小さな乗り物コーナーも。我が家の子どももかつては大変お世話になりました。

DSC01838

DSC01841

こちらは『ジャムウ(ローカルの薬屋)屋台』。喉が痛い、とか風邪で鼻が詰まってる、と症状を言えば、とても苦い薬を飲ませてくれます。飲んだ後には甘ぁ~~い飲み物と飴をお口直しにくれます。興味の有る方はお試し有れ!

DSC01843

ウブドからであろう観光のお客さんもチラホラいらっしゃって、ローカル感溢れる雰囲気に皆さん楽しそうでした。もちろん私達と一緒に来たお客さんも楽しまれておりました。

アヤム・タリワンを晩ご飯に、帰りにこのナイトマーケットでローカルの甘い物をデザートに、なんて楽しみもありますよ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
satoru

satoru

インドネシア・バリ島・ウブド近郊で海外起業した妻と出会い結婚。娘・息子・犬・猫と毎日ワイワイ言いながら暮らしています。 趣味は毎朝自宅2階のベランダから拝むアグン山、朝陽など風景の写真・ドローン撮影。

-バリでの暮らし
-, ,

Copyright© HAPPY UBUD DAYS , 2018 All Rights Reserved.